ジブリ

【スタジオジブリ全作品集 レビュー】ジブリファン必見!ナウシカからアーヤまで掲載!

【スタジオジブリ全作品集 レビュー】ジブリファン必見!ナウシカからアーヤまで掲載!
ぞの

「アーヤと魔女」までのジブリの作品集「スタジオジブリ全作品集」をゲットしたのでご紹介。

僕は、幼い頃から、ジブリを見て育ってきたので、本当にジブリが大好きです。

ジブリの展示会があれば、必ず足を運びますし、先日は、三鷹の森ジブリ美術館にまで行ってきました。

最近は、ジブリパークが完成するのを、首を長くして待っています。

そんなジブリ好きの僕のような人に、「スタジオジブリ全作品集」は、最高の本です。

すべてのジブリ作品の名シーンや懐かしのポスターなど、網羅的に掲載されてるんです。

僕は、眺めるだけで、心がウキウキしまくりです。

ぜひ手に取っていただきたいので、これから僕なりの見どころをお伝えしていきますね。

ジブリファンは、特に、要チェックです。

編集:講談社, 監修:スタジオジブリ
¥3,080 (2024/02/17 16:16時点 | Amazon調べ)

見どころたっぷりの作品集!

名シーン・名キャラクターのチラ見せで、感動が蘇ってくる!

見どころの一つ目は、名シーン・名キャラクターが、すべての作品について紹介されていること。

「魔女の宅急便」で、キキがトンボを助けるシーン。

「紅の豚」で、ポルコとカーチスが殴り合うシーン。

そんな名シーンが、チラッと掲載されているので、作品を観返したい欲が溢れてきます。

また、名キャラクターたちの紹介や相関図も載っています。

作品を観るだけでは分からなかったところも、この作品集をみれば、非常にわかりやすいです。

ポスター・新聞広告がたまらん!海外版もいい!

個人的に最高だったのが、作品のポスターや新聞広告を観ることができたこと。

ジブリ作品の宣伝って、本気でどれも素晴らしいと思うんです。

特に、「耳をすませば」の、せいじくんがしずくを自転車に乗せているポスターは、とにかく最高。

ガラケーを使っていたときに、待ち受け画面に設定していたほど。

また、海外版のポスターも載っているのが嬉しいポイント。

国によって、色使いが違ったり、訴求方法が違ったりするのが面白いです。

ちなみに、お隣の韓国でのポスターは、ハングル文字で書かれていること以外、ほぼ日本版と同じなんです。

逆に、ヨーロッパ版のポスターは、雰囲気が全然違うので、見ていて面白いです。

本書独自の「注目ポイント」で発見多数!

本書には、作品の注目ポイントも掲載されています。

この注目ポイントには、「千と千尋の神隠し」の舞台となった場所のエピソードや「となりのトトロ」のトトロの名前の由来などが書かれています。

知っている人は知っているだろうけど、僕には知らないことが多かったので、すんごく楽しめました。

ジブリのウンチクが知れて、とっても嬉しいです。

ジブリファン必見!必読!

この作品集は、ジブリファンなら、絶対にオススメです。

これ一冊あるだけで、いつでもジブリの世界観に浸ることができます。

最新の「アーヤと魔女」についての、監督インタビューなども掲載されているので、見どころたっぷりの作品集となっています。

ぜひ手に取っていただき、ニヤケながら読んでみてくださいね。

編集:講談社, 監修:スタジオジブリ
¥3,080 (2024/02/17 16:16時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
【感想・注意点まとめ】ジブリパークの詳細レビュー(愛・地球博記念公園(モリコロパーク)) – スタジオジブリの世界がある公園
【感想・注意点まとめ】ジブリパークの詳細レビュー(愛・地球博記念公園(モリコロパーク)) – スタジオジブリの世界がある公園
ABOUT ME
ぞの
ぞの
Points of You 認定コーチ
「人生ネタだらけ」をモットーに生きてます。名古屋でサラリーマンをしながら、Points of You 認定コーチとして活動中。150名以上の方に、Points of You コーチングを提供してきました。
記事URLをコピーしました